読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

「もうなにもこわくない」関数型言語 〜ふつうのプログラマが関数型言語を知るべき理由・reload〜

本来、2013/05/18の「Gunma.web #13」でプレゼンする予定だった資料なのですが、
仕事があまりに忙しかったため、当日ドタキャンしてしまいまして、
お蔵入りになっておりました(´-ω-)

#5で関数型言語の話をした際も、GWに腸炎にかかってまともに準備ができず、
当日も参加が危うい状況だったので、
きっと関数型には魔物が住んでいますね(lll゚Д゚)

本当は次回使い回そうかと思ったのですが、
「今の私」からすると内容が正直微妙なのと、
他にやりたいネタがあるので、UPしてしまいました

まあ、まだ一度もしゃべってない資料ではあるので、
どこかでやってもいいのですが・・・Σ(・ω・ノ)ノ


でまあ、ざっと内容について解説しておくと、
ある種の縛りを入れることで、コードが整理される、
というのはよくあります

特に関数型言語の場合、「代入不可」という制限が、
新しいパラダイムを生んでいる部分はあるのですが、
だからといってその縛りは厳しすぎるんですよね(´-ω-)

なので、関数型言語を知らないとしても、
「elseを使わない」とか「forを使わない」というだけで、
また違った世界が見える・・・という話のつもりでした

・・・またも力不足な気がしますが(´・ω・`)

とりあえず、「Rubyを綺麗に書く」というのが、
現時点では「現実的なラインで一番関数型っぽい」気がするので、
そのあたりから初めてみてはいかがでしょうか