読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

5分でわかるレコメンドエンジンの基礎 (for Gunma.web #3 on 2010/12/11)

Gunma.web 勉強会 レコメンド

Gunma.web #3でやったLTの一本目、真面目な方(´・ω・)っ

スライド:「一番いいおすすめを頼む」 〜5分でわかるレコメンドエンジンの基礎〜


関連

補足

  • ベクトルにできれば何でもできる∠( ゚д゚)/
    • プログラムのレベルで言えば、ベクトル=ただのHashでしかない
  • 他の事例
    • 「ユーザが見たページ」から「お勧めページ」
    • 「ユーザが参加しているコミュニティ」から「コミュニティの関連性」
      • 計算した値を関連性の重みとして捉えれば、「お勧めコミュニティ」に発展
    • あとは楽○みたいに「お店」と「商品」がある場合、その関連性も
      • 「あなたのお店に来るユーザはこの商品を見てます」
      • こうなると「お店向けマーケティング情報」=商材になってしまう(lll゚Д゚)
  • 記事のレコメンドは「キーワード」をどう選ぶかが問題に
    • 自然言語解析が絡んでくるので実は難しい(´-ω-)
    • 記事につけられた「タグ」を使うのが一つの手
    • 「同じものを指す別な言葉」をどうするか?
    • こうやって考えていくとどんどん深みにはまるので注意Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

どうでもいい話

  • ネタを決めるまでの経緯
    • 元々はネタの方だけやるつもりだった
    • いざ発表をまとめようとしたら、発表者が3人しかいないと気づく
    • さすがに3本中の1本がネタはないよね・・・(lll゚Д゚)
    • ということで急遽別ネタを探す
    • そういえばちょっと前にTwitterでレコメンドの話をした
    • 公式部分だけなら5分でいけるかな・・・
    • ざっくりとプロットを切る
    • いける( ゚д゚)o彡゚
  • 発想としては、「過去にやったプレゼンの5分版」
    • ネタも真面目な内容だし
  • なので、デザインや装飾等は過去のものを踏襲
    • もう一方のLTはメインと対照的にしたかったのでシンプル
    • 結果的にはそちらの方が「LT」っぽいが、詳しくはもう一本の方で
  • 過去と同じく「プロフィール」->「Part1〜3」->「まとめ」にしようとした
  • しかし、5分でそれを踏襲しようとするとバランスが悪かった
  • 結果的にフォーマットにこだわらずPartを切った
  • 最初に作ったスライドは50枚を超えていた
    • 発表時間で6〜7分
  • そこから圧縮&削る -> リハーサル -> 圧縮&削る -> ...
  • 無意味に時間がかかったのが、途中に入れたネタの「英文」
    • Part切り替わりの合図的に入れているスライドにネタを
  • 元ネタの英文を、改変した言葉にあわせて修正するのに時間をとられた
  • 当初は日本語だけだったのを、右下の余白が気になって埋めようとしたのが始まり
    • 英文の改変なんて簡単だ、そう思っていた時期が私にもありました・・・(´・ω・`)