読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

Amazonに勧められるままに・・・(24)

漫画

数ヶ月間が空いてしまったこのシリーズですが、
前回は入院直前に「これが最後かも」くらいのテンションで書いてましたΣ(・ω・ノ)ノ


しかも、あれを書いた後も入院前に続々と本を買いあさり、
結果的に大量の「予定外に買った本」がたまったため、
なかなか書きづらくなっていたという・・・ *1


本当は昨年中に片付けるのが理想だったのですが、
この休み中になんとか片付ける方向で...φ(・ω・`)



えすえぬ家の人々 1巻 (ファミ通クリアコミックス)

えすえぬ家の人々 1巻 (ファミ通クリアコミックス)


音ゲーにはまる前は格ゲーをやりまくっていた私ですので、
この漫画もなかなかツボです


逆に、格闘ゲーム以外はあまりやってないので、
横スクロールアクションとかはあまりわからなかったりしますがΣ(・ω・ノ)ノ


まあ、部分的にわかるだけでもかなり面白いので、
すりーさん」のノリが嫌いでなければ



はつきあい(2)(完) (ガンガンコミックスJOKER)

はつきあい(2)(完) (ガンガンコミックスJOKER)

せなかぐらし (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

せなかぐらし (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)


元々は猫の漫画で知り、「幻燈師シリーズ」の良さで気に入った作者さんですが、
この漫画達もなかなかによろしい感じです


前者は「はつきあい=はじめてのおつきあい」であり、
非常にべったべたで甘い恋愛物オムニバスとなっております(*ノ∀ノ)


「幻燈師」と同じく、前の話に出てきたキャラが、
別な話に絡んできたり、時には再び主役をやったりと、
オムニバスでありながら、ある程度一貫性のある話になってます


これがわりと好評だったのか、
このテーマで「連載」が始まっているようですが、
こちらは単行本化待ちで


後者はちょっと特殊な部屋で暮らす羽目になった二人の話で、
同棲とも言えない微妙な距離で生活している感が面白いです
こちらはまだ1巻なのでこれからですかね



かみかみかえし(1) (講談社コミックスなかよし)

かみかみかえし(1) (講談社コミックスなかよし)

ぽちゃぽちゃ水泳部(1) (まんがタイムコミックス)

ぽちゃぽちゃ水泳部(1) (まんがタイムコミックス)


普段雑誌はスルーな私も、
一応コンビニの4コマ雑誌コーナーだけはチェックするので、
後者の漫画は知ってました


で、Amazonで前者を勧められた際にざっと調べて、
実は少女漫画がメインの人だったと知ったという・・・Σ(・ω・ノ)ノ


せっかくなので両方買いましたが、前者は全力で「少女漫画」です
それはもう、美形の男達に女の子がちやほや(あるいは襲撃)されるという、
べったべたの構成でございます


逆に、期待した「和物ファンタジー」分が「相対的に」薄めと感じたので、
ちと微妙だったかもしれません(´-ω-) *2


後者はある意味「よくできた芳文社クオリティ」という感じですか
面白いことは面白いですが、竹書房クオリティとまではいかない感じも



少女カフェ(1) (まんがタイムコミックス)

少女カフェ(1) (まんがタイムコミックス)

野村24時 ? (バンブーコミックス )

野村24時 ? (バンブーコミックス )


購入順で紹介するという原則から言うと、
前者は9月、後者は12月なのですが、購入理由が本質的に同じなので・・・


あかつきの教室」がなかなか面白い話だったので、
作者さんに興味を持って前者を購入したわけですが、
後者は竹書房でありながら、「連載を読んでないのに買った」漫画です


竹書房の4コマ雑誌は全て買っているので、
竹書房で単行本を買うときは読んだことある物だけのはずなのですが、
「あかつきの教室」を読むまで、この漫画をスルーしてたんですよねΣ(゚Д゚)ガーン


当然、過去の話は把握してないわけで、
途中から読む気にもなれず、単行本待ちだったという


どちらも「家族」をテーマにしたまったり系です
ただ、絶妙に「オトナ分」が混合されており、
後からじわじわ来る感じでしょうか(特に野村の方)



SEASONS?なつのひかりの? (サンデーGXコミックススペシャル)

SEASONS?なつのひかりの? (サンデーGXコミックススペシャル)


「最終兵器」のあれ以降、どうしても退廃的な話が多いこの作者さんですが、
トムソーヤ」のような短めな話もたまにあります


こちらも「トムソーヤ」同様、
「オトナとコドモ」がテーマになってます
最初の1編は独立してますが、残りは(大雑把に言えば)前後編です


この人お得意の叙情的な夏の描写がなんとなくいい感じで、
読んだ後に何ともいえない寂しさとか懐かしさみたいなのが残ります(´・ω・`)
(なんか「夏」の作品ってそんな感じですよね・・・某「空気」とか)



ふぁにーふぇいす(3) (GUM COMICS)

ふぁにーふぇいす(3) (GUM COMICS)


以前、「終わってしまったのが惜しい漫画」の一つに、
暴れん坊少納言」を挙げましたが、
その作者さんの過去作を読みたくなりまして、これを買ってみました*3


重度のオタクな主人公が唐突に告白されてしまい、
そこからネガティブ全開に「暴走」していく話であり、
周囲のキャラも含め、非常にあくが強い漫画です


正直、少納言的な漫画を期待していた部分もあり、
序盤を読んだ時点ではちょっときついと思ったのですが、
読むうちに主人公に愛着が湧いてくるのが不思議ですΣ(・ω・ノ)ノ


だからこそ、ラストから伝わってくる、
作者さんの無念さが半端ではないというか・・・
(ただの「打ち切り」とも言いがたい無念さ)


詳しい経緯は本にもありますし、
購入前にたまたまTwitterでも拝見していたのですが、
これはきついですね・・・


まあ、この件がなければ「少納言」につながらなかったわけですが、
やっぱり「完全な形の4巻」は見てみたかったかも(´・ω・`)



これだけ書いても、まだ「9〜10月に買った予定外の漫画」すら消化できてないのですが、
続きはまた次回(`・ω・´)ノ

*1: 久々なのでお忘れかもしれませんが、このシリーズは「予定外に衝動買いした本」を紹介するものであり、「予定通り発売日をチェックして買った本」はここんなもんじゃありません

*2: 冷静に考えると、少女漫画で非現実的な意味での「ファンタジー」だと、だいたいこんな感じになっていたような気も ただ、私の期待とずれていたというだけです

*3: その際、某インタビューで過去作を一通り聞いたのですが、これと少納言以外はAmazonだと手に入りませんでした 電子書籍で売られているのもあるのですが、どちらにせよたぶん内容的にここでは書けない・・・

広告を非表示にする