読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

「パッチ」に潜む危険な罠

Ruby はてブ

先日、Ruby1.9.2がリリースされました
思ったより早かったですね(`・ω・´) b


そこで、開発中のシステムのバージョンを1.9.1から変更できるのか
調査のために修正点の情報を集めていたのですが・・・


Ruby 1.9.2リリースとWEBrick脆弱性問題の顛末 - 西尾泰和のはてなダイアリー


・・・こんな記事を見つけました


大雑把な顛末は該当記事で確認してもらえばいいのですが、
本来は見つけた脆弱性をRuby開発コミュニティに報告し、
そのパッチを待ってから公開が「正しい」やり方です


今回はパッチ作成より前に脆弱性が公開されたため、
ゼロデイ攻撃可能な状態になってしまったのです(((((( ;゚Д゚)))))


同じようなことをGoogleの中の人がWindowsでやらかして、一時期大騒ぎになりました


Windowsヘルプに未修正の脆弱性が見つかる――情報公開に批判も - ITmedia エンタープライズ

Windowsの未解決の脆弱性を突く攻撃が多発、MSが注意喚起 - ITmedia エンタープライズ


これだけでもそれなりに問題なのですが、
Appleライセンスを明記しないままruby-devにパッチを投げてきた」
ことが最大の問題なのです

  • Case1:パッチをそのまま取り込んだ場合


リリースしてから数年後・・・

林檎の弁護士says:

おうおうおう、お宅のシステムで使ってる"るびー"ってのあるやん
あれの中にうちのコードが入ってるんですわ
でまあ、今度そのコードからライセンス料ちゅーのをいただくことにしたわけや

お宅の会社の売り上げと"るびー"の貢献度からすると・・・
今回は○○万$でどないや?
  • Case2:ruby-devの中の人がパッチを書き直した場合


リリースしてから数年後・・・

林檎の弁護士says:

おうおうおう、お宅のシステムで使ってる"るびー"ってのあるやん
あれがどうもうちのコードをぱくってるらしいんですわ
そんで、今法廷で係争中や

もし、あのコードがうちの会社のもんって判決が出たら、
○○万$はライセンス料をいただかなあきまへん
場合によってはあんさんの会社もうちの会社に訴えられまっせ?

そこで・・・や
とりあえず△万$くらいで手打ちにしまへんか?

えせ関西弁については目をつぶっていただくとして、
このような事例はいくらでもあります(((((( ;゚Д゚)))))


そこで、「投稿されたパッチを『絶対に』見てない人が、
脆弱性情報だけで書いた、パブリックドメインのコード」が
実際には取り込まれたわけです


もちろん、時間をかけてAppleに確認を取ることも可能だったでしょうが、
今回はすでにゼロデイ攻撃が可能になっており、
そんな時間がなかったと思われます


ちなみに、その「修正パッチ」はこちらで確認できますが・・・


WEBrickのXSS脆弱性 (CVE-2010-0541)


・・・(結果的には)たったの一行ですΣ(゚Д゚)ガーン


でも、その一行でRubyAppleという一企業にコントロールされる恐れがあったと考えると、
OSSのライセンスって怖いですね・・・


<おまけ>
結局、開発中のシステムを1.9.2に切り替えるかってことなのですが・・・
どうもRuby1.9.2でSinatraが動かないらしく、しばらくは見送ることに(´・ω・`)

広告を非表示にする