読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

Amazonに勧められるままに・・・(10)

漫画

今回は計画的に買った本から1冊ご紹介(´・ω・)っ

中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)

中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)

絶妙な4コマを量産するためか、「4コマ王子」とも呼ばれる作者ですが、
その意味で言うと、この漫画は相当に異質です


中央線の8つの駅に住む8人のキャラが、
自分の町に関して「モノローグ」で語る、という形式で進むのですが、
他の漫画のようなストレートな笑いではなく、どことなく哀愁を感じるというか・・・


メインは作者が最近まで住んでいた中野に住む「なのか」だと思いますが、
このキャラのモノローグが、一人暮らしのこの身にぐさっと刺さります(lll゚Д゚)


特に、ラスト近辺の「お祭りで焼きそば」のくだりとか、
あまりにリアルに感じられて、思わず怖くなったというか・・・


もっとも、このタイプの漫画はこれが初めてではなく・・・

ふたりごと自由帳 (まんがタイムコミックス)

ふたりごと自由帳 (まんがタイムコミックス)

・・・こちらを読んでいたので、違和感はありませんでした
これもこの作者の「本質」の一端なんだろうなと


こちらは同人で発表していた作品をまとめたものですが、
「せんせいになれません」とか「ひがわり娘」あたりからは想像できない内容です
むしろ私は好きですが


脱線気味なので元の話に戻すと、現在は続編として、
「なのか」を主人公にした「遠野編」が連載スタートしてますが、
これは作者が唐突に岩手県遠野に引っ越したからでしてΣ(・ω・ノ)ノ


(よりによって)MOMOでも「わびれもの」を連載してますし、
こういった連載を許容するあたりが、竹書房の懐の深さかなと


(某むんこ氏いわく、メメ子で表紙をやることに決まったとき、
 某社のお偉いさんから相当怒られたそうで・・・
 そりゃそっちが先だけど、別に社員じゃないんだからさ・・・)




ここからはいつも通り衝動買いした本を

乙姫各駅散歩 2 (まんがタイムコミックス)

乙姫各駅散歩 2 (まんがタイムコミックス)

この方は最近竹書房で双子ものの漫画を連載開始しましたが、
私はこれを3ヶ月連載の頃から「連載になるだろうな・・・」と思ってまして


そうやって注目していたときに、Amazonからこれを勧められたので、
せっかくだから買おうかと思ったら、1巻が売り切れ


2巻から読むのは好きじゃないし、ましてや2巻で終わりらしいので、
どうしても1巻から読みたい・・・と思っていたら、
いつも行ってる本屋に1巻もありましたヽ(`・ω・´)ノ


さすが4コマの品揃えが尋常でないだけのことはある・・・
この本屋がなければ、ここまで赤羽にこだわったかどうか・・・


で、肝心の内容ですが、ある意味「日常系ほのぼの4コマ」そのものです
最初の設定こそ「竜宮城から来た乙姫と、浦島太郎の子孫」ですが、
特に大きなイベントがあるわけでもなく、淡々と話が進みます


ただ、それが悪いって話ではなく、むしろ安心してほのぼのと読めるというか・・・
なんか今回は評価が難しい本ばかり選んでるな(´・ω・`)


一応、ラストにでかいイベントが発生はするものの、
2巻のあとがきで作者が書いていることが、非常に本質的かと
(ある意味むんこの漫画にもつながる部分?)


無理にはお勧めできませんが、
竹書房で連載している漫画がきらいでなければ、ぜひ



最後は文字通り勢いだけで買った本ですが・・・

いなかの 1 (アクションコミックス)

いなかの 1 (アクションコミックス)

・・・Amazonのお急ぎ便である本を買うときに、
1冊だけだとお急ぎ代金の比率がでかすぎるので、
何か他に買おうと思って、目についたのがこれでした


まあ、一言で言って・・・
中学生はこんなに胸でかくNEEEEEE!!(ノ゚Д゚)ノ彡┻━┻


しかも、これで「C」ですってよ奥さん
本編には「F」よりでかいのとか・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


話の内容とかコマ割りだけ見ると少女漫画っぽい
(よく見ればこれもコミックハイか)のですが、絵はエロ漫画っぽいです
ある意味男受けは良さそうですが・・・

広告を非表示にする