読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

MySQL/Ruby終了のお知らせ?

Ruby MySQL

昨日書いたように、MySQL/Rubyが1.9に完全には対応していないため、
Ruby1.9への移行はできません


なので、さしあたって1.8.6から1.8.7へ移行しようと、
Windowsの開発環境を作り直していたのですが、
結構いろいろな問題がΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

gemがインストールできない


Ruby1.8.7を配置し、次はgemだ・・・と思ったら、
なんかエラーが出るのです

ruby: no such file to load -- ubygems

全くもって意味不明(そもそも'r'ubygemちゃうの(´・ω・)?)なので、
そのままググったところ、どうやら以下の環境変数が悪かったようで

RUBYOPT=rubygems

つまり、Windows環境でRubyを実行するときに、
暗黙的にgemをrequireしていたわけですね


「One-Click Ruby Installer」から入れると、
自動で環境変数に登録する仕組みになっていたらしく、
うっとうしいのでアンインストール( ゚Д゚)y─┛~~


これでgemが使えるようになりましたが、
最近のgemはGitHub経由が多いので、
gemの参照先にこれを追加

gem sources -a http://gems.github.com/

ついでに、will_paginateはGitHub版をインストール

gem install mislav-will_paginate

will_paginateは2.2.2で止まっているそうで、
こっちを入れた方がいいそうです
「require 'will_paginate'」で通ります

MySQL/Rubyを入れようとするが・・・


そして「鬼門」のMySQL/Ruby


まずは最新版の2.8.1をダウンロードして試すも、
どうしても通らない(MySQLは5.0.77)
間違いなくdllをruby/bin以下に置いているのですが・・・


どうせRuby1.8系なので、素直にgemから入れることにしたものの、
なんかgem版までエラーを返すのですΣ(・ω・ノ)ノ


ただ、よくエラーメッセージを見てみると、
ドキュメントの生成に失敗しているだけらしく、
ライブラリ本体は無事に動きました


それはそれとして、最新版がWindowsで通らないのでは、
Ruby1.9完全対応版が出ても、このままではインストールできません


そこで、いろいろ情報を集めたところ、
開発者のBlogを発見


MySQL/Ruby 2.8.1 - @tmtms のメモ


これによれば、MySQL/Rubyは2.8.x系で終わりで、
Ruby/MySQLを3.0にするとのこと
MySQL/RubyはCで、Ruby/MySQLRubyです、念のため・・・)


しかも、すでにα版が出てます


Ruby/MySQL 3.0.0 alpha - @tmtms のメモ
Ruby/MySQL 3.0.1 alpha - @tmtms のメモ
Ruby/MySQL 3.0.2 alpha - @tmtms のメモ


ということは、Ruby/MySQL3.0さえリリースされれば、
WindowsだろうとLinuxだろうと、
同じようにインストールできるってわけですねヽ(`・ω・´)ノ


確かに速度の問題は心配ですが、
現状でencode問題に対応できる唯一のバージョンであり、
これを待つしかなさそうですね・・・


それにしても、なんでこの話があまり話題になっていないのか・・・



※2009/07/15 追記:3.0.1αの情報を追加
※2009/08/06 追記:3.0.2αの情報を追加

広告を非表示にする