読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱろっと・すたじお

技術メモなどをまったりと / my site : http://parrot-studio.com/

Amazonに勧められるままに・・・(4)

先月末から引越しで忙しく、ついでにお金も無かったので、
いつものように衝動買いって感じではないのですが、
一応何冊か買ったので、軽くご紹介(´・ω・)っ


あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)


おそらく説明の必要がないであろう有名な漫画の再販版です
・・・表向きは


一通り読んでみると、かなり細かくネタの入れ替えや書き直しが入っており、
単純な「再販版」と呼ぶのはもったいない感じですね


なにより、今読んでも十分面白い(`・ω・´) b
今でこそ「当たり前」となったこのタイプの漫画ですが、
やっぱり「本家」の面白さには追いつかない感じです


とはいえ、なぜこの漫画が「小学館」から出ているのかが謎ですが、
巻末で「メディアワークス」(今はアスキー〜か)をいじってるので、
某「ト○コロ」みたいに揉めたわけではないようです


そもそも、「よつばと!」は電撃で書いてるわけですしね
・・・そう考えるとやっぱり変なのか(´・ω・`)


次はこちら(´・ω・)っ

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

・・・正直に言います
ぶっちゃけ、この本はスルーする気満々でした


この作者の本は5ヶ月連続刊行されていて、他の4冊は買う気でしたが、
この本を買う気はなかったのです


ただ、本屋で他の本を買ったときに、
「どうせたくさん買うならついでに買うか」くらいの感じだったのですが・・・


・・・面白いです、これ
たぶん、この作者の漫画で一番面白いΣ(・ω・ノ)ノ
「うちの大家族」とか一通り読んでますが、これはかなりいい


最初「戦国を舞台にしたギャグ漫画」だと思って買ったのですが、
確かに「笑い」はあるものの、内容はしっかり作りこまれてます
作者自身が書いているように、「一人の忍びから見た戦国時代」なのですね


私も戦国ものとか好きなので、
子供の頃から信長の話なんて何度も見てますが、この漫画は絶品です


むしろ、ここまで史実を元に描きながら、
「4コマとしての笑い」を忘れないあたりがクオリティ高いです
戦国時代系の話が好きな方はぜひ読んでいただきたい



・・・ということで、今回は少ないですが、
部屋の片づけが終わったらまた物色します(`・ω・´)ノ

広告を非表示にする